通夜・葬式に参列するかどうかは個人の気持ち次第では?暴走する介護責任者とケアマネのおかしな話。

書き込み

わたしが、グループホームで勤めていた時の話です。

グループホームで看取った105歳の高齢利用者を、グループホームから葬儀場に出棺し、通夜・葬式をする事になったのですが…また、介護責任者とケアマネが暴走。

『○○さん、高齢やから、きっと知り合いも殆ど亡くなってると思う。寂しいお葬式になるから、みんなで見送ろう。通夜・お葬式どちらかに全員参加する事。』と言い出しました。

そして、その場で通夜か葬式どっちに行くかを詰め寄られて、決めさせられました。

用事がある職員・夜勤者・休みの職員関係なく、全員参加する事。

職員の間で反発の声があったのですが『あんたら、何言ってるのよ。みんな、○○さんのお世話になってたでしょ。』と喚き散らす介護責任者とケアマネ。

わたしは、夜勤明けでお葬式に参列しました。予定があり休みを入れてた職員も、全員参列させられました。

介護責任者・ケアマネは、通夜・お葬式両方に参列したそうですが、一緒に居るのが恥ずかしくて嫌になるくらい、泣いたり笑ったりする哀楽の激しい介護責任者の姿に引きました。

通夜・葬式の参列するかどうかは、個人の気持ち次第やし、用事がある職員まで強制させるのもおかしな話だと思います。


1637 Blue0203 2019/02/06(月) 13:24 0 コメント 4アクセス 0

コメント