日帰り社員旅行の前日、楽しい夜勤のはじまり、はじまり。

書き込み

介護責任者の思い付きで、日帰り旅行に行く事になった…わたしの勤める、グループホーム。

日帰り旅行の前日と当日の夜勤は、2人体制で行う事になり、前日の夜勤を、わたしとベテラン職員。当日の夜勤は、介護責任者と別のベテラン職員がする事になった。

グループホームは通常、1人夜勤なので勿論、2人で夜勤するのは初めてやったけど、わたしと似たような、サバサバ系のベテラン職員と夜勤だったので、全然、不満はなかったんだけど…

わたしより、1つ年下の福祉大学卒業で、職員の中で唯一既婚者のパート職員が無駄に張り切りまくって、滅茶苦茶、ウザい。

彼女が関わる利用は、ことごとく不穏になってくし…職員の間で、かなりウザがられているのは知っていたけど、ここまでウザいとは思わなかった。

『ごめんやでぇ。わたし、パートやからさ…夜勤出来なくて、ごめんよ。家に帰ったら大きい大きい熊(旦那さん)が、お腹を空かして、わたしの帰りを待ってるんよ。』を連呼。

別に、そんな話を聞きたい訳でもないし…利用者を不穏にさせなければ、それで良いからさ。

人がしている所に近寄って来ては、補助しようとして、利用者を怒らして、不穏にさせるの、マジ迷惑やから、欲しい。

自分のしなあかん遅出業務をそっちのけで、人の邪魔してベテラン面するウザ過ぎる。

見兼ねたベテラン職員が、『ここは良いから、○○さん、自分の事をしといて。』って横から言ってくれたんやけど、『わたしは、大丈夫やよ。』って意味の分からんアピール。

遅出業務の時間を30分以上過ぎて、やっと利用者の寝かし付けが終わって、彼女が
帰り際に『無理せんように頑張ってや。こんだけやってたら、少しは楽やろ?30分タダ働きやけど、わたしは大丈夫やから、気にせんといてや。』って言ってきた。

おい、おい。
何言ってるだか分からないんですけど。


1937 Blue0203 2019/02/21(月) 15:34 0 コメント 3アクセス 0

コメント