時給1200円の派遣社員が使えない。余計な仕事を増やすのはやめて!

書き込み

前日、フロアで見守りをずっとしていた、時給1,200 円の派遣のおばちゃんが、利用者の顔と名前を覚えているかテストしたベテラン職員が、呆れた顔で『あの人、誰1人として名前覚えていなかったわ。』と、言っていた。

あんなに、話し込んでいた利用者の名前すら覚えていないのには、正直驚いてしまった。

さすがに、2日目もフロアで見守りだけをさせて名前を覚えてもらう訳にもいかずに、午前中は、足浴をしながら利用者と関わりながら名前を覚えてもらう事になったんやけど…

ベテラン職員が、足浴バケツの置き場所や仕事内容を伝えていきます。

・足浴用のお湯は、お風呂場の水道でお湯を出して、温度を確かめてから入れる事。

・足浴バケツの半分あたりくらいまで、お湯を入れる事。

・足浴前に、利用者の居室から足浴する利用者のタオルと靴下を準備する事。

・足浴後は、利用者専用のニベアと爪白癬の塗り薬を塗ってあげ、乾いてから靴下を履かせてあげる事。

・利用者の異食を防ぐ為に、薬類は絶対にテーブルに置かずに、ポケットに入れて持ち歩く事。

・声掛けをしたら、自分でタオルと靴下を居室から持ってきてくれる利用者の名前。

・介護抵抗が激しくて、一部の職員以外の介助を受け付けず、部屋に入られるのも嫌がる利用者の名前を教え、絶対に居室に入ったり関わらない事。

などを伝えていたのに、介護抵抗の激しい利用者の居室に入り、無言で引き出しを開けようとして、利用者に噛みつかれていました。

しかも、トイレの手洗い場で掃除用のバケツに水を入れて持って来るは、足浴バケツに熱湯(あり得ない熱さ)を汲んできて、足を入れた利用者に軽い火傷をさせるは…

ほんと、考えられない事の連発。

爪白癬の塗り薬も、異食行動のある利用者の前に置き忘れていたらしく、たまたま近くで通り掛かった職員が、爪白癬の塗り薬を食べようとしてるのを発見し、何とか回収は出来たけど、歯形びっしりで、塗り薬が噛んだ部分から吹き出て使えない状態だった…らしい。

まともな仕事、何一つ出来なくても時給1.200円貰えるなんて、羨まし過ぎやわ。


3123 Blue0203 2019/03/02(月) 12:18 0 コメント 0アクセス 0

コメント